七十七銀行の主な業務

七十七銀行の投資信託

七十七銀行では、投資信託商品の販売にも特に力を入れています。最近売れ筋となっているのはインデックスファンド225、フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド、それに三菱UFJ-Jリートオープンなどとなっています。また、日経225ノーロードオープンや、トヨタグループ株式ファンドなどの手堅い投資商品も多数販売されています。


そして、七十七銀行では投資商品としてNISAを積極的にアピールしています。NISA口座開設時の住民票取り寄せ代行サービスも実施しており、興味がある人であれば、すぐにでも口座開設が可能となっていて、とても便利です。


その他、七十七銀行では退職金を資産運用する人向けのキャンペーンも実施しています。平成27年1月1日以降に退職金を受け取った人で、それをスーパー定期に預け入れた場合には店頭表示金利にプラス1.0%の金利加算が、それに加えて投資信託商品を10万円購入した場合には、店頭表示金利にプラス2.0%の金利加算がなされます。退職金を効率よく活用したい人には是非お勧めしたいキャンペーンです。


なお、七十七銀行で株式投資信託などを行った場合、換金の手数料や買い付け時の申し込み手数料は、ネット専業銀行や証券会社と比べても、少々割高な部分があります。また、分配金を得るときにも手数料がかかることがあるので、頻繁に取引する人にとっては手数料が気になるかもしれません。その際は、インターネット投資信託を利用すれば、申込単位ごとの手数料が安いので、ぜひインターネット投資信託の活用も検討してください。