七十七銀行の主な業務

七十七銀行の地域貢献活動

七十七銀行では様々な社会貢献活動に取り組んでいます。地域社会に貢献するために6つの目標を定めているのも特徴です。その目標は「地域との交流」「環境問題への取り組み」「金融教育の支援」「文化活動の後援」「スポーツの振興」「社会福祉への貢献」となっており、地方銀行の中でも特に積極的に地域貢献活動を行っています。


地域との交流では、各種イベントへの協賛や本支店ロビーの開放によって、地域住民との関わりを積極に持つ努力を行っています。また、地域の自然を守る活動として植林を積極的に行うなど、環境問題への取り組みにも積極的なのが七十七銀行の特徴です。同時に金融教育の支援として、高校生や中学生を対象とした体験型教育プログラムを授業として提供したり、本店内にある金融資料館を活用して、来場した児童に対する金融教育を推進しています。


その他、七十七銀行では、文化活動の後援として、各種コンサートやイベントの開催や後援、助成金の交付などを実施しています。あわせて、スポーツ振興にも同様に積極的です。特に七十七銀行運動部はバドミントン部、陸上競技部、硬式野球部などの活動を通じて、地域のスポーツ振興にも取り組んでいます。


また、七十七銀行では、子どもの健やかな成長に寄与するための「子ども110番の家」活動をスタートさせました。子どもたちが不審者に声をかけられた場合、最寄りの七十七銀行に駆け込んで助けを求めたり、銀行員が警察等に連絡するなど、子どもたちの安全を守っていくための取り組みも始めています。これらの取り組みによって、七十七銀行は地域経済の活性化を図るとともに、地域企業とともに成長していこうとする思いを体現することを目指し続けているのです。