福島銀行の多彩な取り組みがすごい!

福島銀行と競合他行

福島銀行と競合している銀行は数多くありますが、まず同じ福島県内だけで考えてみると、第一地銀の東邦銀行、第二地銀の大東銀行が代表的な競合他行と言えます。その他にも、会津信用金庫などの中小信用金庫が数多く存在しています。福島市内の場合はもっと状況が変わってきて、みずほ銀行などの都市銀行も競合他行と言えるでしょう。


また、店舗を構えている他行ばかりだけではなく、ネットバンキングで取引を行う事ができるソニー銀行やジャパンネット銀行、楽天銀行などもライバルとして挙げられるでしょう。ネット銀行は格安な金利を背景に、住宅ローンなどの部門においても顧客を獲得しつつあり、福島銀行にとっては脅威となりえる存在です。


競合する他行との争いに勝ち抜くには、融資商品の充実など、全般的なサービスの向上に努めていく必要があります。そうすることで、銀行の評価も高まりますし、企業としての価値も向上することが見込まれます。あわせて、経営の安定をアピールすることも重要であり、決算説明会などにおいて、それらを説明していくことも重要です。


現在、金融業界を取り巻く環境は、先行きが不透明な部分が多いです。しかし、福島銀行にはそれらに柔軟に対応するだけの経営戦略があります。プレスリリースなどを確認して、顧客である私たちも福島銀行の動きに注目しておくことで、より良い金融商品を活用することができます。


特に、福島銀行が営業エリアとする福島県は、東日本大震災からの復興途上でもあります。ですから福島銀行には、地域貢献や復興支援など、さまざまな役割を果たしつつも、堅実な経営を続けていくことが求められているのです。